安定した生産管理体制の実現には5S活動の徹底が重要!

「5S」という言葉を知っている方は多いかと存じますが、正確にどのような取り組みのことを指すのかについては詳しく知らないという方も少なくないでしょう。

5Sは、安定した生産管理体制を実現する上で大変重要な取り組みです。
ここでは、5Sについての定義や5S活動の重要性についてわかりやすくご説明します。

5Sとは?その定義についてご紹介

5Sとは?その定義についてご紹介

5Sとは、組織全体で取り組む主な五つの活動の頭文字Sを取った言葉で、それぞれの一般的な定義は以下の通りです。

整理

業務において有益なものとそうではないものとを区別し、ムダなものがあればカット、あるいは廃棄すること。

整頓

業務上必要なものを、必要な時に迅速に取り出して使えるよう、収納場所や収納方法などについてわかりやすく表示、あるいは社員に周知しておくこと。

清掃

社内の設備をきれいに掃除するとともに、修繕箇所がないかどうかなどのチェックも並行して行うこと。

清潔

上記三つの活動を徹底することで、社内環境をクリーンな状態に保つこと。

しつけ

社内のルールや取り決めを社員全員に共有し、それらを習慣的に適切に行うこと。

なぜ5S活動を徹底することが重要なのか?

なぜ5S活動を徹底することが重要なのか?

グローバル化が進行し、急速に企業間競争が激化する現代においては、こうした当たり前の活動をおざなりにしてしまっている企業は珍しくないでしょう。

上記で述べたように、5Sはなにも特別な活動ではなく、働く上では当たり前のことであり、直接的に企業の利益向上に結び付くわけではありません。

しかし、長期的な視点から捉えると、5Sを徹底することで、業務上で発生する多くのムダを省き、業務の効率化を図ることができます。その結果、原価低減などの利益向上に繋がりますし、生産ラインなどで起こるトラブルについても未然に防ぐことができます。

業務上で起こるトラブルを未然に防ぐことは、お客様に対して質の良い商品・サービスを提供することに繋がりますので、着実に企業としての信頼を積み重ねていくことができるでしょう。

このように、5S活動を徹底することは、企業が長期的に安定した生産管理体制を実現する上で重要なことだと言えるでしょう。

「業務の効率が上がらない」「様々な業務改善をしているが売上がいまいち伸びない」など、お困りの中小企業様は、外部機関に経営改善支援をご依頼ください。

栃木で経営改善支援を行う会社をお探しの企業様は、栃木県足利市にあるTom-consulにご相談ください。栃木を拠点に、生産管理全般のコンサルタントとして様々なコンサルティングサービスをご提供しています。

豊富な実務経験を活かし、5Sの推進や原価計算書の作成などを通じて、企業様の業務改善を手厚くサポートいたします。栃木で経営改善支援に関するご相談はTom-consulへお気軽にご連絡ください。

経営改善支援に関するご相談は栃木のTom-consulへ

会社名 Tom-consul(トムコンサル)
住所 〒326-0844 栃木県足利市鹿島町504−2
代表者 富田 隆
電話番号 080-5081-9570
メールアドレス tomita60go@gmail.com
設立 2018年11月1日
事業内容 生産現場に直結した品質管理、工程改善、業務改善を柱に、書類作成、5S推進、商品化などの実務レベルでのコンサルタント業
ホームページURL https://tom-consul.com
PAGE TOP