見える化はどうやって進めるの?

「見える化」は、日本企業の生産現場において実践されてきた伝統的な手法です。仕事のパフォーマンスを高めるために役立つため、これから「見える化」に取り組んでみませんか?

ここでは、「見える化」の進め方についてご紹介します。

効率を上げるためには「見える化」が必要不可欠!

効率を上げるためには「見える化」が必要不可欠!

「見える化」とは、仕事における問題を常に把握できる状況を作ることで、問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現するものです。

何を見える化するのかによって得られるメリットが異なりますが、効率化を目的とするのであれば業務フローの見える化が必要となります。

見える化は製造業だけではなく、あらゆる産業で実施されており、今では業務改善において欠かせない手段として活用されています。「見える化」を実施するためには、まず専門家であるコンサルタントにご相談ください。

「見える化」の進め方

「見える化」の進め方

見える化を進めるためには、まず目的を明確化する必要があります。

「だれに何をどのように見える化するのか」「どうして見える化するのか」をはっきりとさせましょう。

また、現状を把握するため、分析を行うことも大切です。例えば、属人化された業務の排除を目的とするのであれば、まず作業の手順書を用意します。手順書がない場合は、一から書き出しましょう。

それを参考に、「なぜこの業務が必要なのか」「いつから行っているのか」など分析し、問題点を見つけていきます。その後、問題を解決することで得られる目標を設定し、対策立案を行います。

後は実行していくだけですが、やはり自分たちだけで行うと時間も手間もかかります。また、間違った方法で見える化を進めても効果を得ることができないため、見える化を進める時はコンサルタントに依頼しましょう。

栃木にあるTom-consulでは、生産現場に直結した品質管理・工程管理・業務改善を柱に、業務の見える化の推進など、生産管理全般のコンサルタントとして活動しています。

栃木にあるTom-consulでは、作業標準書作成・作業の見える化など、効率的な工程改善をサポートいたします。

これまで、様々な中小企業様の工程改善に携わってきた実績があり、そこで培ってきた知識・ノウハウを生かしたサポートが強みです。

栃木だけでなく、群馬・埼玉でも対応していますので、工程改善にお悩みの中小企業様はお気軽にご相談ください。

栃木にあるTom-consulが工程改善をサポート

会社名 Tom-consul(トムコンサル)
住所 〒326-0844 栃木県足利市鹿島町504−2
代表者 富田 隆
電話番号 080-5081-9570
メールアドレス tomita60go@gmail.com
設立 2018年11月1日
事業内容 生産現場に直結した品質管理、工程改善、業務改善を柱に、書類作成、5S推進、商品化などの実務レベルでのコンサルタント業
ホームページURL https://tom-consul.com
PAGE TOP